鬼滅の刃72話👘あらすじ感想(ネタバレあり!)

遊郭編

最後になんとか「京極屋」に就職を決めた善子

(これもイケメン宇随のおかげw)

三人の指令は、宇随の3人の妻を探すことと

鬼の情報を掴むこと!

鬼滅の刃第71話「お嫁さんを探せ」

遊郭での仕事

炭治郎たちは、それぞれ潜入した店での仕事をはじめていました。

どうよこれ!!

きゃーっすごい!

荻本屋では引き取られた伊之助の美しさに女中たちが喜んでいました。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第72話

変な風に顔を塗ったられていたけど

落としたらこうよ!!

すごい得したわこんなに美形の子安く買えて!!

仕込むわよォ仕込むわよォ

京極屋の”蕨姫”やときと屋の”鯉夏”よりも売れっ子にするわよォ

盛り上がる荻本屋。

でもなんか妙にこの子ガッチリしてない?

ふっくらと肉づきが良い子の方がいいでしょ!

ふっくらっていうかガッチリしてるんだけど・・・

少し怪しまれつつ連れて行かれる伊之助。

京極屋に引き取られた善逸は三味線の稽古に励んでいました。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第72話

あ・・・あの子三味線うまいわね

そうね・・・すごい迫力

最近入った子?

耳がいいみたいよ 一回聞いたら三味線でも琴でも弾けるらしいわ

女中たちに噂される善逸。

でも不細工よねぇ・・・よく入れたわね お店に・・・

あの子連れてきたのがもんのすごいいい男だったらしいわよ

ホントに?見たかった!

遣手婆がポッとなっちゃってさ

アタイにはわかるよ あの子はのし上がるね

他の遣手婆が口を挟みます。

自分を捨てた男 見返してやろうっていう気概を感じる そういう子は強いんだよ

そ・・・そうなんだ・・・

善逸は宇随に売られた時の事を思い出していました。

便所掃除でもなんでもいいんで貰って下さいよォ

いっそタダでもいいんでこんなのは

怒りがこみ上げ練習に熱が入る善逸。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第72話

見返してやるあの男・・・!!

アタイ絶対吉原一の花魁になる!! ※なれません

一方炭治郎潜入中のときと屋

炭子ちゃんちょっとあれ運んでくれる?人手が足りないみたいで・・・

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第72話

わかりました!鯉夏花魁の部屋ですね すぐ運びます

てきぱきと仕事をこなす炭治郎。

炭子ちゃんよく働くねぇ

白粉をとったら額に傷があったもんだから昨日は女将さんが烈火のごとく怒っていたけど・・・

はい!働かせてもらえてよかったです

重い荷物を一度に何個も軽々と運ぶ炭治郎。

なんか・・・力・・・強くない? 強っ

ときと屋の女中さんに驚かれてしまいました。

鯉夏花魁の部屋についた炭治郎。

幼い女の子たちが噂話をしています。

”京極屋”の女将さん 窓から落ちて死んじゃったんだって

怖いね 気を付けようね

最近は”足抜け”していなくなる姐さんも多いしね 怖いね

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第72話

”足抜け”って何?

炭治郎が質問します。

えーっ炭ちゃん知らないのぉ

”足抜け”っていうのはねぇ 借金を返さずにここから逃げることだよ

見つかったらひどいんだよ

好きな男の人と逃げきれる人もいるんだけどね

こないだだって須磨花魁が・・・

(須磨!宇随さんの奥さんだ・・・)

あの・・・

炭治郎が詳しく話を聞こうとすると

噂話はよしなさい 本当に逃げきれたかどうかなんて誰にもわからないのよ

鯉夏花魁が部屋に入ってきました。

運んでくれたのね ありがとう こっちへおいで

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第72話

お菓子をあげようね ひとりでこっそり食べるのよ

鯉夏花魁は炭治郎にお菓子をくれました。

わっちも欲しい!花魁花魁

だめよ 先刻食べたでしょう

鯉夏花魁と部屋付きの女中がやり取りしているところに炭治郎が割って入りました。

あの・・・須磨花魁は足抜けしたんですか?

!どうしてそんなことを聞くんだい?

鯉夏花魁が眉をひそめます。

(うまく聞かないと須磨さんのこと・・・警戒されてる)

ええと・・・

須磨花魁は私の・・・

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第72話

姉なんです

正直者の炭治郎は嘘をつく時普通の顔ができないのでした

ひきつった表情で目を合わせられない炭治郎w

須磨さんの行方

姉さんに続いてあなたも遊郭に売られてきたの?

鯉夏花魁が聞きました。

は・・・はい

姉とずっと手紙のやりとりをしていましたが

足抜けするような人ではないはずで・・・

変顔のまま答える炭治郎。

そうだったの・・・確かに私も須磨ちゃんが足抜けするとは思えなかった

しっかりした子だったもの

男の人にのぼせている素振りもなかったのに

だけど日記が見つかっていて・・・

それには足抜けするって書いてあったそうなの

捕まったという話も聞かないから逃げきれていればいいんだけど・・・

心配そうな表情の鯉夏花魁。

(足抜け・・・これは鬼にとってかなり都合がいい)

(人がいなくなっても遊郭から逃亡したのだと思われるだけ)

(日記は恐らく偽装だ どうか無事でいてほしい・・・必ず助け出すから 須磨さん・・・!!)

炭治郎は須磨さんが今危険な状態にあることを理解したのでした。

今日も異常なし

やっぱり尻尾を出さねぇぜ

嫌ぁな感じはするが鬼の気配ははっきりしねぇ

煙に巻かれているようだ

気配の隠し方の巧さ・・・地味さ

もしやここに巣食っている鬼・・・上弦の鬼か?

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第72話

だとするとド派手な”殺り合い”になるかもな

いつものように屋根の上に上り街を見下ろし、宇随は考えていました。

まきをさんの行方

一方伊之助の潜入している萩本屋。

まきを・・・さん大丈夫かしらね

部屋に閉じ籠もって出て来ないけど

具合が悪いって言ったきりで病院にも行かないし

そろそろ女将さんに引きずり出されちゃうわよ

私今ご飯持って行ってあげたのよ

とりあえず部屋の前に置いてきたけどさ

女中たちの話が耳に入った伊之助。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第72話

”まきを”!宇随の嫁だ

やっと名前を聞けたぜ

具合が悪い・・・それだけで連絡が途切れるか?行ってみるか

さっきの女はこっちから来たな・・・

まきをの部屋を探す伊之助。

暑い!脱ぎたいぜ脱ぎたいぜ!!

こんなモン着てたら感覚が鈍って仕方ねぇ!!

イライラする伊之助。

お前は声が太いから絶対喋るなよ

裏声も下っ手クソだからすぐ男だってバレるぞマジで

宇随の命令を思い出す伊之助。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第72話

建物の中で暮らす 着物を着るなどの生活は伊之助にとって拷問に近かった

喋れないと情報の収集にも難儀する

さぁさ答えてごらん

お前は誰にこの手紙を出していたの

何だったかお前の名は

ああそうだ”まきを”だ

答えるんだよ”まきを”!

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第72話

そこには宇随の妻まきをが、着物の反物で縛り上げられていました。

アオイのコソコソ噂話

本格的に任務開始ですね。

善逸は耳が良いので、三味線でもお琴でも一度聴けばすぐに弾けるようになるようです。

少し方向が違うようですが仕事に励んでいましたw

ところで、宇随の音の呼吸は、雷の呼吸の派生です。

宇随も善逸も絶対音感があるので、やはり系統は似ているのでしょうね。

雷の呼吸の柱を雷柱(らいばしら)と呼ばず、鳴柱(なりばしら)と呼ぶのも

「音」とか「耳」に特化した系統であるからなのかもしれません🎵

どうやら炭子のいる「ときと屋」に潜入していた須磨さんはもう居ないようです

そして猪子のいる「荻本屋」で鬼がまきをさんを拷問している様子

もし、上弦だとしたら猪子一人では危険ではないでしょうか・・・💦

潜入捜査では猪の面を被らないので

美しい猪子(伊之助)を堪能できます

ホント、めっちゃ美形✨

遣手婆がトップレベルの花魁に育てる!と意気込む気持ちもわかりますw

話末の挿絵は着物を早く着替えることができるようになった猪子

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第72話

着替えを見られると男であることがバレるので

早着替えを身に着けたそうです

伊之助がだんだん人間らしくなっていく・・・


スポンサーリンク
遊郭編
この記事をシェアする
管理人ゆしろうをフォローする
鬼滅の刃 映画のつづき