鬼滅の刃74話👘あらすじ感想(ネタバレあり!)

遊郭編

ハッキリと詳細が分からない遊郭の鬼

蕨姫が鬼なのでしょうか・・・

炭治郎たちが潜入する2日前

「京極屋」(←善逸が潜入しているトコ)でのできごとから話が始まります。

鬼滅の刃74話「堕姫」

上弦の陸

いい加減にして頂戴

京極屋の女将さんが注意しています。

何を?

花魁が上目でやや睨みながら返事をします。

うちから怪我人や足抜け、自殺する子を出すのをだよ。

自殺した子はアンタが虐め殺したようなもんだろう、蕨姫(わらびひめ)

注意をうけていたのは善逸と遭遇した蕨姫のようです。

ひどいこと言うわね女将さん。私の味方をしてくれないの。

私のしゃくにさわるような子たちが悪いとは思わないの?

今まで随分目をつむってきたけど 度を越してるんだよアンタは・・・庇いきれない

厳しい意見を伝える女将。

誰の稼ぎでこの店がこれだけ大きくなったと思ってんだ婆

蕨姫は首を傾けて女将を睨みつけます。

気圧された女将は、蕨姫にぽつりぽつりと昔の話を始めました。

・・・・・・ずっと昔

アタシがまだ子供の頃

聞いたことがあるのよ茶屋のお婆さんに

物忘れが酷くなってたけど ある花魁の話をした・・・

もの凄い別嬪(べっぴん)だったけどもの凄い性悪で

お婆さんが子供の時と中年の時にそういう花魁を見たって

その花魁たちは”姫”ってつく名を好んで使って・・・気に食わないことがあると

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第74 話

首を傾けて下から睨みつけてくる独特のくせがあったって

アンタ・・・何者なんだい アンタもしかして 人間じゃ ないっ・・・

蕨姫は女将の顔をつかみます。

いつのまにか店の外、屋根よりも高い空中に移動しています。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第74 話

そういうことはね

気づいた所で黙っておくのが”賢い生き方”というものなんだよ

今まで皆そうして生きてきた

お前は私が思っていたよりずっとずうっと頭が悪かったようだねえ

残念だよ”お三津”

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第74 話

そんなに脅えなくても大丈夫さ

干涸びた年寄りの肉は不味いんだよ

醜悪で汚いモノを私は絶対食べたりしない

お前はグシャッと転落死

さよならお三津

蕨姫は鬼の姿をさらし、お三津を夜空高く浮かんだ場所から落としました。

蕨姫の目には【上弦 陸】の文字が入っています。

ドン、という音とともにお三津は落ちて亡くなりました。

蕨姫が部屋に戻ると、そこには鬼舞辻無惨が待ち構えていました。

調子はどうだ?

無惨様・・・!

ずいぶん人間を喰ったようだな 以前よりもさらに力が増している 良いことだ

蕨姫は土下座の姿勢をとります。

しかし油断をするな うまくことが進んでいるときほど足はすくわれやすい

承知致しました

鬼殺隊でも手練れの者・・・柱などはすぐにこちらが鬼だと看破する

しかしこちらからは柱ほど実力のある者以外

人間など視ただけでは殆ど違いがわからない

血の種類や病気など人間にわからないことは判別できるが・・・

”堕姫”私はお前に期待してるんだ

お前は誰よりも美しい

そして強い柱を七人葬った・・・・・・・

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第74 話

これからもっともっと強くなる残酷になる特別な鬼だ

善逸の受け身

そして時は善逸と蕨姫花魁の対峙のときに戻ります。

女中の子を助けるため蕨姫に歯向かった善逸。

蕨姫は強く善逸を殴り飛ばしました。

気安く触るんじゃないよ のぼせ腐りやがってこのガキが

躾がいるようだねお前は きつい躾が

そこに若旦那があらわれ、事態の収拾をはかります。

蕨姫花魁!この通りだ勘弁してやってくれ

もうすぐ店の時間だ客が来る・・・!!

俺がきつく叱っておくからどうか今は・・・

どうか俺の顔を立ててくれ・・・

旦那さん顔を上げておくれ

私の方こそご免なさいね最近ちょいと癪に障ることが多くって

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第74 話

入って来たばかりの子につらく当たりすぎたね

手当をしてやって頂戴

蕨姫は承知し、仕事の仕度を始めます。

そのときに善逸の様子を見て気づきました。

善逸はとっさに受け身をとったので軽傷のようでした。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第74 話

(受け身をとりやがった。 一般人じゃない)

(鬼殺隊なんだろう。だが柱のような実力は無い)

少し時間がかかったけれど 上手く釣れてきたわね

どんどんいらっしゃい 皆殺して喰ってあげる

化粧をしながら蕨姫はフフフッと笑うのでした。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第74 話

夜になり、炭治郎は夜空を見上げていた。

(濁った匂いがする。この街の夜は濁った匂いがする・・・)

アオイのコソコソ噂話

とうとう登場です。上弦の陸!!

アニメのオープニングや、映画の魘夢回想シーンで上弦の鬼の中に女性がいるかも・・・

とは予想していましたが

こんなにキレイで怖い鬼だったとは!!

戦いも強そうですね(今まで柱を7人喰ってるそうです)

名前は堕姫(だき)。こちらも鬼って感じ。

そして女将さんを空から落として自殺に見せかけるなんて

心の中から腐っています。怖い。

堕姫と真逆なのが「ときと屋」の鯉夏花魁です。

この第74話の話末ページには

他の女の子に懐かれ、かんざしを挿させてあげたり、一緒に遊んだりしている

鯉夏花魁が描かれています。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第74 話

本当に優しい様子がわかります。

どうか最後まで無事でいてほしいですね✨


スポンサーリンク
遊郭編
この記事をシェアする
管理人ゆしろうをフォローする
鬼滅の刃 映画のつづき