鬼滅の刃77話👘あらすじ感想(ネタバレあり!)

遊郭編

堕姫と炭治郎が直接対決!

炭治郎なかなか好戦しているようですが・・・

鬼滅の刃77話「轟く」

宇髄天元の音の呼吸


切見世とは、最下級の女郎屋のこと。

客がつかなくなったり、病気になった遊女が送られる場所。

天元は切見世に送られた雛鶴の元に来ていました

天元様 私には構わずもう行ってくださいませ

先程の音が聞こえましたでしょう 鬼が暴れています

雛鶴が宇随に支えられ解毒薬を飲みながら話しました。

本当に大丈夫だな

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第77 話

はい・・・お役に立てず申し訳ありません

天元の妻・雛鶴

蕨姫花魁が鬼だと気づいたが

向こうからも怪しまれ目をつけられたため

身動きが取れなくなった

毒を飲み病に罹ったふりをして”京極屋”から出ようとするも

別れ際 蕨姫花魁に渡された帯を渡された

監視 および殺害を目的として

何か起こった場合 即座に雛鶴を始末できるように

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第77 話

お前はもう何もしなくていい

解毒薬が効いたら吉原を出ろ わかったな

・・・・はい

天元は雛鶴の無事を確認し急いで鬼のもとへ向かいました。

(戦闘が始まっている どこだ 気配を探れ)

吉原の屋根を走る天元。

(ここだ!!地面の下!!)

途中で地下が怪しいと気づいた天元。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第77 話

地面に耳を近づけ様子を探ります。

(誰か戦っている音がする 反響してよく聞こえる)

(中は広い空洞がある しかしそこに通じる道は幼い子供くらいしか入れないほどの狭さ)

天元は、二本の大刀を手に取りました。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第77 話

音の呼吸 壱ノ型 轟(とどろき)!!!

地面に向かって技を出す天元。

二刀流の宇髄天元

その太刀は爆発する桁違いの威力である

喰らって生き延びた者がいないので今のところ仕組みは不明。

心を燃やせ

やかましいわね塵虫が 何の音よ 何してるの?

どこ?萩本屋の方ね それに雛鶴・・・アンタたち何人で来たの?四人?

堕姫が察し炭治郎に聞きました。

言わない

炭治郎が断ります。

正直に言ったら命だけは・・・・助けてやってもいいのよ

先刻ほんの少し斬り合っただけで アンタの刀

もう刃毀はこぼれしてる

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第77 話

それを打ったのはろくな刀鍛冶じゃないでしょう

堕姫が炭治郎を威嚇いかくします。

確かに炭治郎の刀は刃毀はこぼれしていました。

違う!この刀を打った人は凄い人だ!!

腕の良い刀鍛冶なんだ

炭治郎は大声で反論しました。

じゃあ何で刃毀れすんだよ間抜け

あっちでもこっちでもガタガタし始めた

しゃくに障るから次でお前を殺す

イライラしながら堕姫が言い放ちました。

使い手が悪いと刃毀れするんだ

俺のせいだ、俺は

やっぱり俺は水の呼吸を使いこなせない

俺は水の呼吸に適した体じゃないんだ

水の呼吸では鱗滝さんや冨岡さんのようにはなれない

俺の場合 一撃の威力はどうしてもヒノカミ神楽の方が強い・・・体に合っているんだ

でも その強力さゆえに連発ができなかった・・・・・・

今は違う 俺はやれる・・・はずだ いや やる!!

そのために修行してきた

負けるな 燃やせ 燃やせ 燃やせ!!

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第77 話

心を燃やせ!!!

心の中に煉獄さんの言葉を思い浮かべる炭治郎。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第77 話

ヒノカミ神楽 ”烈日紅鏡”れつじつこうきょう

炭治郎は堕姫の帯を斬りました。

太刀筋が変わった 先刻より鋭い

驚く堕姫。

そこに大きな風のような音が響きました。

何なのこの音 嫌な音ね 呼吸音?

堕姫が耳を澄ませます。

その隙をついて炭治郎が斬りこみます。

炎舞えんぶ

炭治郎の攻撃はギリギリでかわされました。

炎舞は二連撃だ 躱されてももう一撃・・・

諦めない炭治郎。

たいしたことないわね 所詮この程度よ

堕姫は帯でカウンターを喰らわせようとします。

しかし、炭治郎は堕姫の目の前から消えました。

引用:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第77 話

ヒノカミ神楽 ”幻日虹”げんにちこう

高速の捻りと回転によるかわし特化の舞

視覚の優れた者ほど よりくっきりとその残像を捉えてしまう

隙だ!!隙の糸!!いける!!

ヒノカミ神楽 ”火車かしゃ

炭治郎は後ろから堕姫の頸を狙って刀を振るいました。

アオイのコソコソ噂話

始めて、宇随の音の呼吸が出てきましたね。

パワー系の攻撃です。

ただし、堕姫の所ではなく

地下に向かって攻撃を仕掛けています。

どう言うことでしょうか・・・

この77話にも回想という形で煉獄さんが出てきました。

無限列車編でも煉獄さんが笑って「キツイな!漆黒の剣士が柱になったと聞いたことがない!」

と話していましたが

この戦いで炭治郎は自分が水の呼吸にハマっていないと

感じ始めている様子。

最初の鍛練の時点で

たまたま鱗滝さんの元で修業を積んだだけで

始めに会っていたのが不死川さんだったら

風の呼吸の育手を紹介してもらっていたかもしれません。

(展開的に不死川さんは禰豆子を切り殺していたかもしれないので

結果、冨岡さんに出会って良かったのか・・・💦)

炭治郎はこの先、ヒノカミ神楽の呼吸法を極めて行くのでしょうか・・・

だとしたら火の呼吸になるのでしょうか?煉獄さんの後を継ぐのでしょうか?

個人的には水柱は冨岡さん!と推しているので

炭治郎にはぜひ、ヒノカミ神楽を極めて欲しいと思っています。

煉獄さんから譲り受けた炎の鍔の使い道も気になりますね(๑•̀ㅂ•́)و✧

スポンサーリンク
遊郭編
この記事をシェアする
管理人ゆしろうをフォローする
鬼滅の刃 映画のつづき